検証フェーズ:ヒアリングアポの取り方とCustomer Advisory Board (CAB)

検証フェーズではどれだけヒアリングの数がこなせるかも重要な指標です。今回はどのようにアポイントメントを取るのか、その手法について具体的に解説します。
近澤 良 2023.12.25
サポートメンバー限定

検証フェーズでは、仮説を検証するために、定義した顧客セグメントに属する顧客から、数多くのヒアリングを行う必要があります。顧客ヒアリングにおいてまず一番重要なのは、定義した顧客セグメントに属する人から話を聞くということです。知り合いから闇雲に話を聞いても、多種多様な意見が返ってきて掴みどころがなくなってしまうでしょう。

ではどのようにして顧客ヒアリングのアポを取れば良いのでしょうか。相手にメリットがないのに、どうやったら受けてもらえるのか疑問に思うかも知れません。

今回の記事では、どのようにヒアリングアポを取るための具体的な方法について説明します。また、アメリカ市場で再現性高くヒアリングアポが取れる方法もご紹介します。国外市場への進出を検討しているが、コネクションもなく方法が分からない方へのご参考になるかと思います。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3752文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
検証フェーズ:Customer problem fitとProblem...
サポートメンバー限定
マーケットリサーチ手法としてのLinkedIn Sales Navig...
サポートメンバー限定
検証フェーズ: ヒアリングの進め方
読者限定
検証フェーズ:顧客ヒアリングでの留意点
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(3) 解決策の仮定
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(2) 課題の仮定
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(1) 顧客セグメントの仮定
読者限定
巨大な成長マーケットで勝負する