製品がない状態で契約を獲得する

バーニングニーズの検証方法で最も重要かつ確実な「製品がない状態で有償契約を獲得する方法」について詳しく書きます
近澤 良 2023.06.12
サポートメンバー限定

こんにちは、バーニング近澤です。今回はバーニングニーズの検証方法で最も重要かつ確実な「製品がない状態で有償契約を獲得する方法」について詳しく書きます。

Autifyはローンチ前の製品がない状態で、有償契約を複数件まとめる事ができました。その後、Autifyの第二のプロダクト(Autify for Mobile)のローンチの際にも同じことを行ない、また僕が行なった方法を他のスタートアップにも伝えて、同じことが出来てきました。ですので、再現性のあるプロセスであると言えます。

本記事では僕が実際に使った資料なども一部公開して、具体的にイメージしてもらえる内容にしました。「Burning needsを特定するプロセス」の記事を読んでいただいている事を前提に書いているので、まだお読みでない方はまずこちらからお読みください。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4102文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
マーケットリサーチ手法としてのLinkedIn Sales Navig...
サポートメンバー限定
検証フェーズ:ヒアリングアポの取り方とCustomer Advisor...
サポートメンバー限定
検証フェーズ: ヒアリングの進め方
読者限定
検証フェーズ:顧客ヒアリングでの留意点
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(3) 解決策の仮定
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(2) 課題の仮定
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(1) 顧客セグメントの仮定
読者限定
巨大な成長マーケットで勝負する