検証フェーズ:顧客ヒアリングでの留意点

検証フェーズ解説の導入編として、顧客ヒアリングにおける留意点についてまとめました。
近澤 良 2023.09.25
読者限定

こんにちは、バーニング近澤です。さていよいよ検証フェーズについて解説していきます。今回は検証フェーズ解説の導入編として、顧客ヒアリングを行う際に注意するべきポイントについて解説します。

検証フェーズとは

検証フェーズでは、顧客へのヒアリングを行い、仮説フェーズで立てた仮説が正しいか検証します。その結果仮説が正しければ、製品の開発を進めますが、正しくなければ、仮設フェーズに戻って一から見直したり、元の仮説をより詳細化し、その精度を高めていきます。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2468文字あります。
  • バイアスを取り除く
  • 質問をリストアップし、メモを詳細に取る
  • 参加人数は最小限で
  • 製品の話から始めてはいけない
  • フレームを抑える
  • まとめ

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
検証フェーズ:Customer problem fitとProblem...
サポートメンバー限定
マーケットリサーチ手法としてのLinkedIn Sales Navig...
サポートメンバー限定
検証フェーズ:ヒアリングアポの取り方とCustomer Advisor...
サポートメンバー限定
検証フェーズ: ヒアリングの進め方
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(3) 解決策の仮定
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(2) 課題の仮定
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(1) 顧客セグメントの仮定
読者限定
巨大な成長マーケットで勝負する