検証フェーズ:Customer problem fitとProblem solution fit

バーニングニーズを特定するためのプロセスの中の一つである、検証フェーズをさらに分解して、Customer problem fitとProblem solution fitについて解説します。
近澤 良 2024.05.29
サポートメンバー限定

こんにちは、バーニング近澤です。しばらくご無沙汰してしまい、申し訳ありませんでした!

今回はバーニングニーズを特定するためのプロセスの中の一つである、検証フェーズをさらに分解していきます。

以前こちらの記事で、仮説フェーズと検証フェーズの二つについて解説しました。ただ、検証フェーズと一口に言っても、いくつかの段階があります。その中で大きな二つが、Customer problem fitとProblem solution fitです。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3470文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
マーケットリサーチ手法としてのLinkedIn Sales Navig...
サポートメンバー限定
検証フェーズ:ヒアリングアポの取り方とCustomer Advisor...
サポートメンバー限定
検証フェーズ: ヒアリングの進め方
読者限定
検証フェーズ:顧客ヒアリングでの留意点
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(3) 解決策の仮定
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(2) 課題の仮定
サポートメンバー限定
仮説フェーズ:(1) 顧客セグメントの仮定
読者限定
巨大な成長マーケットで勝負する