仮説フェーズ:(1) 顧客セグメントの仮定

仮説フェーズにおける顧客セグメントの立て方について解説します。仮説フェーズを全3回に分けて解説します。
近澤 良 2023.06.26
サポートメンバー

こんにちは、バーニング近澤です。今回は仮説フェーズにおける顧客セグメントの立て方について書いていきます。「バーニングニーズを特定するプロセス」の記事をまだお読みでない方は、まずこちらからお読みください。

この記事から始めて、仮説フェーズの解説を下記の通り全3回に分けて解説します。

  • 仮説フェーズ: (1) 顧客セグメントの仮定

  • 仮説フェーズ: (2) 課題の仮定

  • 仮説フェーズ: (3) 解決策の仮定

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、2107文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

検証フェーズ: ヒアリングの進め方
サポートメンバー
検証フェーズ:顧客ヒアリングでの留意点
読者限定
仮説フェーズ:(3) 解決策の仮定
サポートメンバー
仮説フェーズ:(2) 課題の仮定
サポートメンバー
巨大な成長マーケットで勝負する
読者限定
製品がない状態で契約を獲得する
サポートメンバー
Burning needs(バーニングニーズ)を特定するプロセス
読者限定
Burning needs(バーニングニーズ)とは何か
読者限定