検証フェーズ: ヒアリングの進め方

検証フェーズの肝である、ヒアリングの進め方について解説します。実際の質問集も公開します。
近澤 良 2023.10.30
サポートメンバー

こんにちは、バーニング近澤です。前回ヒアリングの際の留意点について述べましたので、いよいよバーニングニーズ特定の肝である、ヒアリングの進め方について解説していきます。前回の記事を読んでいない方はまずこちらからお読みください。

ヒアリングの深掘りは一定のスキルを要します。最初から上手くやるのは難しいので、ヒアリングミーティングの度に振り返って、スキルを向上させていきましょう。

全体の流れ

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3893文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

検証フェーズ:顧客ヒアリングでの留意点
読者限定
仮説フェーズ:(3) 解決策の仮定
サポートメンバー
仮説フェーズ:(2) 課題の仮定
サポートメンバー
仮説フェーズ:(1) 顧客セグメントの仮定
サポートメンバー
巨大な成長マーケットで勝負する
読者限定
製品がない状態で契約を獲得する
サポートメンバー
Burning needs(バーニングニーズ)を特定するプロセス
読者限定
Burning needs(バーニングニーズ)とは何か
読者限定